読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育にとって大切なこと…

保育の現場で大切にしてほしいことを綴っていきます!

Rくん(1歳10か月)と 私(保育士)の会話

今から朝のおやつの時間…

どうも、担任の先生に  
おやつだよ、片付けてね、と言われたが
不本意だったらしく
その場に じっと立っていたRくん…

私「さて、Rくん、そろそろ おかたづけして、おやつ食べようか!」

Rくん「イヤ!」

私「あら。では、まだ遊ぶ?」

Rくん「イヤ!」

私「あら。じゃあ…おかたづけ、する?」

Rくん「イヤ!」

私「あら。じゃあ…おやつ、食べる?」

Rくん「イヤ!」

私「あら…。イヤなことが いっぱいあって 大変やね…」

Rくん「イヤ!」

私「お察しします…」

Rくん「………」
   おめめ パチクリ!私の顔をじっと みつめる…。


なんでも かんでも「イヤ!」と言っているワケではなく、
こちらの言葉を よく聞いてくれていたんだなーと 実感した 瞬間でした(*^^*)!!