読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育にとって大切なこと…

保育の現場で大切にしてほしいことを綴っていきます!

有効な人材育成方法

こんにちは!!
保育士さんのサポーター内田淑佳(うちだよしか)です。

本日は
『保育の質を高める研修会』が
いよいよスタートしました!!

地元 宝塚での開催ですが
神戸、大阪からも
意欲ある先生方に足を運んで頂き
感謝です!

第一回目のテーマは
「有効な人材育成方法…園内研修を活用」

頂いた感想の一部を ご紹介します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

・子どもは勿論、他の保育士と関わることは人と人との繋がりであり、気持ちが大切ということを改めて感じることが出来ました。

・保育士を育てることは、子どもを育てることである、それが保育の本質である、ということに気付くことが出来、よかったです。

・自分の思い(気持ち)だけでなく、相手にも思いがあることをしっかりと理解した上で、今後の保育に活かして行きたいです。

・今日のお話を振り返り、今の自分の立場や、園の状況を考え、出来ることから1つずつ取り入れて行きたいです。

・園が望む人材イコール園の保育方針とし、保育のあり方を具体的に皆で話し合い、それを常に自分たちで評価していけるようにしたい。

・職員を育成していくことと、子どもを保育すること、「どんな姿に育って欲しいのか」という人間力が共通するということを再認識できました。

・大人だって認められたい、必要とされたい、と思っているはずです。相手をまず受容し、見守りながら育成していけるような人間力を身に付けたいと思いました。

・園内研修、年度途中ですが、早速に計画をたて、実践します!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


今回は
管理職(または それに近い)の立場にある
先生方に お集まり頂きました。

それぞれの園の課題を整理し
何から始めるのかも一緒に考えていくことが出来ました。

皆さま流石の勢いで
多くの気付きを持って帰って頂けたようです。

途中、感極まる お姿も…
一生懸命です。
保育の仕事に情熱をかけています!!

子どもたちの
未来のために!!