読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育にとって大切なこと…

保育の現場で大切にしてほしいことを綴っていきます!

個性の発揮が大切

こんにちは。
保育士さんのサポーター内田淑佳(うちだよしか)です。

今日は
今年度 初の
『まちの子育てひろば』へ行ってきました!!
(私、登録アドバイザーです!)

まちの子育てひろば についてはコチラを参照ください


今年度も
すでに続々と ご依頼 頂いております!
楽しみです!!


本日の ひろばさんは
ご依頼が「親子体操」でしたので
ママたちにも  たくさん体を動かして頂きました~♪

お子さんの年齢は
みなさん2歳前後…
ちょうど 自己発揮が激しくなる時期です。
これは成長過程で とても大切なことなのですが
巷では「魔の イヤイヤ期」なんて言われていますね…
大人都合の言葉ですが!

今日 一緒に遊んだ みなさんも
それぞれが
やりたいー
やってみたいー
さわりたーい
いっぱいでした!!

特に
ボール遊び になると
大変おもしろい
それぞれの個性が 出ていました。

ママと一緒に やりたい子、
とにかく 全てのボールに 触りたい子、
輪の中に入らず独自のスタイルで遊ぶ子、
ママの お膝から離れたくない子、
人の持っているボールが欲しい子、
おもいきり投げたり、蹴ったりを楽しむ子…

「それぞれの 個性が よくみえますね」
私は、ママたちに そう言いました。
が、
動きの激しい子が どんどんエキサイトしていくので
その子のママが
「○○(子どもの名前)、こっちに来なさい!こっちからコロコロするねんで!!」と声を掛けました。

「いえいえ、いいですよ。」

ママからしたら
他のお子さんに迷惑かな、との配慮だと思いますが
私は みんなのママさんに
こんな話をしました。

「どうしてもね、集団になると みんなと一緒のこと やって欲しいと 思いがちですけどね、これからの時代、いかに自分の個性を発揮するか、ですよ!!
 お子さんの個性を大切に してください。みんなと一緒のことが出来るのと、他人を思いやることが出来るのと、違うことですから!」

ママさんたちは
うんうん、と
大きく頷いてくださいました。


ひろば では
ママたちが 子育てで
困ったり、疑問に思ったことを
気軽に質問して頂けるように
色々 お喋りも しています。


遊びの中で
プチウンチクも 飛び出します(笑)!
私自身、本当に楽しく活動させて頂いています。





今年度は
パネルシアターを 持って行きますよ♪

たくさんの
親子さんに お会い出来ますこと
楽しみにしています!!