読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育にとって大切なこと…

保育の現場で大切にしてほしいことを綴っていきます!

I(アイ)メッセージを使います!

こんにちは!保育士さんのサポーター内田淑佳(うちだよしか)です。


先日の
依頼研修「意欲を引き出す言葉かけ~i(アイ)メッセージ~」(大阪なんば)

貴重な休日の時間を使って
お集まりくださった
保育士さんたちの感想が届きました。

一部を ご紹介します!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・I(アイ)メッセージ、常に使えるように意識します!実際には、押し付けるような言葉…現場にあふれていると思います。しっかり子どもたちの主体性を引き出せるようにしたいです。

・今日はじっくりと考えて、答えを出しましたが、保育の現場でとっさに…できるかなぁと思いました。でもとっさにアイメッセージが出るようになれば素敵だなと思いました。

・意欲を引き出す、ということは大切だと思っていますが、日々の保育では、つい強制的になってしまうことが多く、今回参加して改めてよく理解できました。来週から早速に取り入れてみたいです。子どもたちの反応が楽しみです。

・自分では意識していなかった点に気付かされる事が多かった。とても勉強になりました。

・初めての研修会で緊張して来ましたが、内田先生のフランクな会話に楽しく時間が過ぎていきました。思いやり、助け合い、相手を見ながら、感情的にならずに子育ても保育の仕事も出来たらいいなぁと思いました。全部よかったです!

・事例が、とてもよくある事ばかりで、すごくためになりました。太陽であり続けたいと思いました。理想だけで終わらせず、実際に身につけ、継続していきたいと思います。

・新しい気付きが沢山あり、普段の園児にかける言葉の意識が変わりました。

・他の先生との話し合いでワークをしていくことで、色々な考えが聞けて、自分では考えつかなかった事など生まれてきて、とても勉強になりました。

・とてもわかりやすくて良かったです。また内田先生の研修を受けたいです。

・自分の声かけを見直す機会になりました。反省することもありましたが、共感出来ることが多く、自分が肯定的な声かけを心がけて日々保育していることにも気付け、自信になりました。代弁をする時、とても悩んでいたので勉強になりました。

・決めつける言葉や、行動を押し付けるような言葉を使っていたことに気がつきました。アイメッセージで言えるように日頃から心がけて、訓練していきたいです。

・「どうしましょう?」という子ども自身が考えることが出来るように、という言葉がけがとても印象に残りました。大人が答えを先取りしないこと、大切にしたいです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


実際に現場でできるかなぁ
理想はそうだけど…

そんな気持ちも
確かにありますね。

私も現場で同じことを悩みました。
よくわかります。

でも、
繰り返し、意識して言葉にすることで
いつか
それが自分の当たり前!にまでなります。

ぜひ
現場で実践して頂きたいと思います。