読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育にとって大切なこと…

保育の現場で大切にしてほしいことを綴っていきます!

ルールというもの

こんにちは!!
保育士さんのサポーター
うちだよしか です!!


園の中に
色々なルールが存在していませんか?

お部屋の中で走らない
とか
固定遊具が一方通行になっていたり
だとか

聞いただけですが
公園に行って
木の枝を拾わない!!
などというルールのある園が
存在したそうです…

人の集まるところですから
ルールはあって
当然ですね。

ただ、ルールの作り方や
伝え方には
気をつけたいものです。

なぜならば
保育園は
子どもたちが最初に出会う
外の場所=社会
だからです。

つまり、保育園で出会うルールというものが
子どもたちの「あたりまえ」になる可能性が
とても高いのです。

ですから、ルールというものに
「嫌なもの」という感情が刷り込まれないよう注意する必要があると思います。

本来、ルールとは
みんなが気持ちよく過ごすために必要なもの
ですよね。

そのことが上手く伝わるようにしなければなりません。

先生(保育士)は、子どもにとって
強い立場の人間です。
ですから
ルールを押し付け、守るよう従わせるやり方をしてしまうと
子どもたちは
ルールというものは、
強い立場の人間が作る。
強い立場の人間が抑えつける。
従わない者には罰がある。
怒られないように従うべき。
………
このようになってしまいませんか?

本来の目的である
みんなが気持ちよく過ごすため、
を見失ってしまうから
怒る人がいない場面では出来ない…ということが
起きるのです。

子ども自身が
ルールの大切さに気付くために、
みんなでルールを考え決めていくという経験の場面を
たくさん作って欲しいと思います。