読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育にとって大切なこと…

保育の現場で大切にしてほしいことを綴っていきます!

紳士なMくん(6歳)

心の健康

こんにちは!!
保育士さんのサポーター内田淑佳(うちだよしか)です。

今日は
神戸へ向かう電車…乗り替えの時
西宮北口→三宮 の急行がタッチの差で行ってしまいました…(>_<)
その次の急行より、
1分後発の普通電車が
先に三宮に着きます…という駅アナウンス…

そこで 普通電車に乗ったのですが
この線の普通電車…といえば…

子どもたちと王子動物園!に行った
電車遠足を 思い出します…。

3月のお別れ遠足は
4歳児クラスと5歳児クラスが一緒に出掛けるのですが
毎年 電車で!!

保育園から最寄り駅まで
大人の足だと徒歩5分という立地環境でしたので
電車を使って、色々なところへ
行きました。

王子公園だと
乗り替え3回!という道のりでしたが
それもまた経験!
先生たちも綿密に計画をたて
楽しい遠足を企画します。

さて、
もう何年前か…

王子動物園からの帰りの電車での
紳士なMくんのお話です。


片道1時間半の道のり…
動物園の中でも ハシャギまくって…

帰りですから
さすがの子どもたちも
疲れています。

ところが
電車では
必ずしも座れるわけではなく…
私たちは
周りと子どもの様子をみながら
何人か座れそうな席が空くと
4歳のクラスの子どもから先に(月齢の低い子順に)
座らせてもらいー
(関西弁(笑) 座らせてもらいましょ、という感じ)と、
促していました。

さて、最後の乗り替えを終え
この電車の終点が
保育園の最寄り駅です!

電車が進むたび、
空席が 増えて行きます。

すると
Mくんが、小さい子から順に
「座らせてもらいー」と声をかけているのです。

そして、4歳のクラスの子どもが
みんな座れた後は…

同じクラスの子の中でも
女の子から先に
「Kちゃん、Yちゃん、座らせてもらいー」

その声と表情が
とっても優しく、
声を掛けられた女の子たちは
はにかんだような笑みを浮かべ
「うん、ありがとう」
と…。

まさに小さな紳士でした。

その場に居合わせた
女性保育士たちは
もれなく 胸キュン!に なってましたー(笑)


保護者の方に
その話をすると
「えー、そうなんですか?
    家では一番小さい子なんで
    優しく、はしてもらってるけど…
    あ、でもパパは紳士です!」
とのことでした!!

なるほどー♪

素敵なMくんの お話でした!